故人のためにも絶対に失敗したくない!葬儀社の把握の大きなポイントなどをご紹介

当サイトでは葬儀社の把握の大きなポイントなどをご紹介しています。
故人のためにも絶対に失敗したくないお葬式をするためには、葬儀会社選びを慎重にすることをお勧めします。
葬儀会社では様々な葬儀プランが用意されているのが一般的です。
希望に合うようなプランを選んで納得のお葬式をしましょう。
優良な葬儀会社はどうやって選べばいいのかは、多くの人にとって疑問点となるところかもしれません。
選ぶ際のポイントを押さえて、信頼感のある業者を選ぶのが大切です。

故人のためにも絶対に失敗したくない!葬儀社の把握の大きなポイントなどをご紹介

故人を見送るためのお葬式を依頼する葬儀社を、どのように選ぶべきか迷う人は多いでしょう。
現代の日本には様々な葬儀社がありますが、じっくり比較検討をして選ぶことをおすすめします。
料金や利用可能な葬儀場は、選ぶ際の大きな比較ポイントです。
それから葬儀社の実績や、スタッフのマナーなども大切になります。
葬祭ディレクターの認定者の有無や葬儀社の格付けなどは、選ぶ際の参考になるかも知れません。
またネットの口コミも調べておくと安心です。

葬儀社とは葬式全般を取り仕切る会社

身内が亡くなると多くの人は慌ててしまいます。
初めての葬儀ともなれば、何をどのようにすればいいのか分からないものです。
そんな人のために葬儀社というものがあります。
何から何まですべて取り仕切ってくれるので安心です。
実績があり、信頼できる評判の良い葬儀社に相談してみましょう。
インターネットを使えば最寄りにどんな会社があるのか、すぐに知ることができます。
また、葬式といってもプランがいろいろあるので、その点も相談することが大事です。
最近は家族葬を選択する人が増えてきています。
費用も手頃で少人数だけでの葬儀となることから、比較的、手軽にできやすい葬式という点が人気の理由と言えるでしょう。
もちろん、家族葬も選択する葬儀社によって内容も費用も異なります。
オリジナルプランを設けていたり、様々なサービスやオプションがあったりするので、よく内容を確認してから依頼することがポイントです。
それから、疑問点や不安点などもその都度、確認してみましょう。

それぞれの葬儀社の情報はホームページで確認できる

今の時代、葬儀に関する情報はインターネットで調べることができます。
もちろん適当に個人ブログに乗っているような情報は信頼に値しないことがほとんどですが、葬儀社が運営している公式ホームページならば話は別です。
葬儀社側もお客様にうまくホームページを使ってもらい、基本料金やオプションを付けた場合どうなるかといった値段の話から家族葬はどうか、エンバーミングにより死体を綺麗にすることはできるかといった目的と供給がかみ合うか調べてから実際の交渉に入ってもらいたいと思っています。
それゆえにきちんと値段も書いてありますし、このコースならばどうかといういくつかの実例も準備してあることでしょう。
下調べをしてから葬儀のお願いをするというのは昔からの定番ですが今の時代、色々な葬儀社のホームページに接続して比較することも簡単になりました。
故人とその家族にとってもっともすばらしく、値段が妥当である葬儀社を選ぶことができる時代になっています。

葬儀社と互助会は全く違うので注意

葬儀社と互助会の違いで一番大きく違うのは、積立金が有るか無いかです。
互助会は積立金が有りますが、これをすることで自分の葬儀に備えることが出来ます。
ほとんどのところでは提携している会館や斎場があるようです。
積立金と言いましたがこれには利息は一切つきませんし、解約料もかかるので決める際には葬儀のやり方を、何件かのところに聴いて比較することをお勧めします。
いくら積立金が有っても自分が気に入ったプランを行うためには、追加料金がかかってしまうということもあるし、経営がうまくいかず破綻してしまうということもないとは言えません。
葬儀社を選ぶときは、いざ葬儀となったときどんなサービスを受けることが出来るかということを考える必要があります。
この場合も事前にいくつかの葬儀社の意見を聴いて、検討することが大切です。
地元密着型のところなら、その土地の風習や習慣等も豊富な葬儀の知識を持っているというメリットがあります。

葬儀社に葬儀を依頼した際の大まかな流れ

死とは突然訪れる場合が多く、ご家族の方は悲しみと同時に色々な手続をしなければなりません。
覚悟とまではいかずとも、葬儀の運びを簡単にでも把握しておく事で、もしもの場合の気持ちの処理が変ってくるかもしれません。
人がお亡くなりになった場合、葬儀社に連絡する事が一般的となりますが医師または警察からの死亡証明がないと個人に触れる事が出来ないのでまずはその書類を入手する必要があります。
その後葬儀社に連絡する事になりますが、その際電話口では故人のお名前は勿論、電話された方と故人の関係や亡くなった場所宗教の有無も確認される流れとなります。
その時は少なからず動揺している方が多いので、簡単にメモなどに書いて手元にあると安心です。
連絡を受けた葬儀社はご遺体の引き取り・安置、葬儀プランの相談、葬儀当日の取り仕切り、法事の手配という流れで悲しみに寄り添って対応してくれることとなります。
いざという時対応しなければならないのは自分一人ではないと思うと、僅かながらも安心できるのではないでしょうか。

葬儀社は遺体の引き取りや安置も行う

葬儀社は遺体の引き取りや安置も行います。
今では多くの人が病院で息を引き取ることでしょうが、病院はあくまで病気を治療する場所であって、亡くなった人をあまりに長時間その場に留めておくことはできません。
中には霊安室を持っている病院もありますが、それでも基本的には速やかに引き取ることが求められます。
葬儀社は遺体を引き取り、お葬式までそれを安置しておく仕事もあります。
亡くなった後にすぐにお葬式ということもありますが、葬儀の日程とか、火葬場の日程などによってある程度日数がかかることもあり、その間、腐敗したりすることのないように適切に安置しなければなりません。
多くはドライアイスを使って冷やしておく処置が行われます。
この他、葬儀の際には遺族やその他の参列者との対面というか最後のお別れも行われるわけで、見苦しくないように処置することも同時に行われたりします。
これらも葬儀社が行う基本的な仕事の一つになっています。

葬儀社には香典返し・供物・供花・車の手配なども依頼可能

葬儀社にはお葬式に関係する種々の依頼をまとめて行うことができます。
例えば香典返し・供物・供花・車の手配などが挙げられます。
お葬式では、参列した人から香典を頂くことになりますが、これには香典返しという名前の返礼が必要です。
自分自身で行うことも当然可能ですが、相手先が多くなればなるほど大変ですし、それこそ故人を偲ぶ暇もないということになっては困ります。
香典の金額に応じて、どのような品物を返礼品とするのかを相談できるわけです。
祭壇には供物や供花も必要ですが、これも同じく葬儀社に依頼することができます。
車ですが、これはもちろん最寄り駅からの送迎という意味もありますが、葬儀を行う場所と、火葬場とが離れた場所にあることも別に珍しい話ではなく、その場合、火葬場まで行く人は交通手段を確保しなければならず、その手配という意味になります。
霊柩車に同乗できる人は限られているためで、それ以外の人はそういうわけにはいかないためです。

葬儀社は宗教者への依頼にも対応している

身内や親戚などが不幸にも亡くなったら、必然と葬儀の準備を行う必要が生じます。
その時は大抵の人が電話帳で葬儀社を調べ連絡するでしょう。
葬儀社のスタッフが訪問したら葬儀の規模や(家族葬で行うか一般葬で行うか)、参列者の凡その人数等を確認します。
これによって葬儀にかかる費用が大まかですが決定します。
そして葬儀の日取りや段取りなどが話されるのですが、その家の宗派がわからないとお坊さんへの連絡が出来ません。
亡くなったその夜は仏教なら「枕経」というお経をお坊さんにあげてもらうのが一般ですが、万一お寺さんとの付き合いが無い場合は、葬儀社が宗教者の紹介を行ってくれます。
これは仏教のみならず、神道やキリスト教の場合であっても同じです。
つまり、葬儀の事が全くわからない方でも、葬儀社に相談すれば大抵のことは解決します。
また仏教の場合は、宗派により葬儀を行うお坊さんの数が変わって来たりもしますので、分かっていても必ず相談することが大切です。

葬儀当日の司会や進行も葬儀社の仕事

葬儀当日の司会や進行も葬儀社の仕事です。
お葬式は儀式であって手順がそれなりに決められていますが、一方では人生でそう何度も経験するものではなく、手順を完璧に知っているという人は、お坊さんでもなければ一般の人にはまず無理でしょう。
当日混乱したりすることのないよう、司会を行うのも葬儀社の仕事になります。
一方で、お葬式では喪主という役割もあって、こちらもある意味で進行の責任者となります。
これは葬儀社ではなく遺族代表者であり、立場が全く異なることになりますので、役割分担で混乱したりもめたりすることのないようにしなければなりません。
常識的には事前にしっかりと打ち合わせをしておくことが必要です。
とは言っても、あまりに前もっての相談ではその場になって忘れてしまうようなこともあるかもしれませんので、直前に再度思い出させてもらったり、細かく指示してもらうようなこともあったりします。
基本的には任せておくことでOKでしょう。

葬儀社の一般的な料金はどれくらい?

葬儀にかかる料金は規模や参列者の人数で変わります。
参列者に制限を設けない、通常の葬儀でかかる費用相場は150万円前後です。
主な内訳は基本料金100万円前後、飲食や返礼品がそれぞれ25万円程度になります。
遺族や親戚といった近しい人だけを参列させる家族葬は、規模が小さいため相場は100万円前後です。
祭壇や棺などオプションの選び方次第で、50万円程度まで抑えることもできます。
日本では葬儀のスタイルが地域によって文化や伝統が異なるのが特徴です。
もてなす料理にお金をかけたり葬儀の演出にこだわる地域では、相場よりも高くなることもあります。
オプションも含めて費用に明確な基準はなく、業界全体の相場を基に各葬儀社の判断で決定する仕組みです。
同じ内容でも大手と中小でトータルの金額に数万円以上の差が出ることも珍しくありません。
対応サービスを確認しつつ、複数の葬儀社から見積もりを取って判断することがコストを抑えるコツです。

葬儀社に関する情報サイト
葬儀社の把握の大きなポイント

当サイトでは葬儀社の把握の大きなポイントなどをご紹介しています。故人のためにも絶対に失敗したくないお葬式をするためには、葬儀会社選びを慎重にすることをお勧めします。葬儀会社では様々な葬儀プランが用意されているのが一般的です。希望に合うようなプランを選んで納得のお葬式をしましょう。優良な葬儀会社はどうやって選べばいいのかは、多くの人にとって疑問点となるところかもしれません。選ぶ際のポイントを押さえて、信頼感のある業者を選ぶのが大切です。

Search